こんな人におすすめなのが家庭教師

受験戦争を突破するには、大抵の子供が塾を利用しています。塾は確かに受験に対応するテクニックを伝授してくれたり、進学のための助言をしてくれたりする割には、費用がリーズナブルであることも少なくはなく、大いに学習の助けになるシステムではあります。しかし、子供の性格や状況によっては塾に通わせるよりも家庭教師に依頼する方が効果は得られる場合があります。例えば志望校がはっきり決まっていて、極端に苦手な科目があるという生徒の場合、苦手科目のマンツ-マンレッスンは効果が期待できます。同じところを繰り返し、理解するまで質問し、わからない問題に引っかかったらまた戻ってやり直すなど、完全に自分のペースで勉強することができるからです。先生が志望校出身の場合はさらにモチベ-ションを高めることができるでしょう。

できる子ばかりのためじゃない!勉強方法が見つけられるかも

学校の授業に全然ついていけない、という生徒にとっても家庭教師は塾よりも有効な手段と言えます。例えば少人数制の塾であっても、自分の他に生徒がいれば、何となく勉強から逃げ切れてしまうこともあったりしますが、1対1ならば逃げることはできません。仕方なく勉強に向き合うことで、その後格段に伸びたという子供の話は実は枚挙にいとまがありません。そういった子供のほとんどは勉強ができないのではなく、勉強の方法がわからなかっただけで、家庭教師に丁寧に教えてもらうことが自分に合った勉強法を見つける良い機会になったということになります。また、塾の先生よりも良い意味で親密になれるので、勉強以外の悩みを相談したり助言を得ることで学校におけるストレスが軽減され、それがきっかけで勉強に身が入るということも大いにあり得ることではないでしょうか。

受験のラストスパートにも頼もしい味方だ!

受験の直前にも家庭教師の出番があることは少なくはありません。この場合は短期間の契約になり、子供の苦手科目に絞った最後のラストスパ-トとしての手段となることが多いでしょう。注意点としては、受験直前にして初対面となる場合があるので、子供の性格にできるだけ合うような人物を選ぶようにすることです。直前まで何度も繰り返し受験校の傾向問題を一緒に解くことで、苦手な科目でも子供は自信を取り戻すことができるはずです。心理的にも1番不安な受験直前という時期につきっきりで教えてもらえることは子供にとっては大きな安心につながります。自信を持って試験に臨むことで、当日は実力以上の力を発揮することができるかもしれません。マンツ-マンレッスンの大きなメリットを最大限に活用すれば、志望校合格につなげることができるでしょう。

「プロ家庭教師」といわれる社会人が正規の仕事として行っているので安心出来ます。 中途解約をされる場合でも一ヶ月前にご申請頂ければ解約の際に料金を頂くことはございません。 土曜・日曜・祝日、指定休日は受付しておりませんのでお気を付け下さい。 プロ家庭教師は『教えるプロ』たくさんの生徒さんを教えてきた経験があります。 HPでは一部の先生方を写真と共にご紹介させて頂いております。 プロの家庭教師がサポート