家庭教師は相性が合うかどうかが大切

マンツーマンで学習を見てもらうことができるため、家庭教師に対する人気は根強いものがあります。たとえば苦手科目や分野があって、学校の授業についていけなくなってしまった場合や、志望校への合格を目指しているものの、今一歩成績が伸び悩んでいる場合などは、集団で学習を進める塾よりも、個別に勉強を見てもらえる点で、より適している学習方法だといえます。担当している生徒さんに合わせて学習を進めるため、先生と生徒さんとの相性は、決して小さな問題ではありません。授業中にどんなことでも躊躇せずに質問することができることは非常に大切であり、たとえ優秀な先生であったとしても、担当する生徒さんとの相性が悪く、良好なコミュニケーションが取れないようでは、効果的な学習は難しいといえます。

学習効果を上げるためには、先生と生徒の相性も大切です

塾での集団授業とは違い、先生と生徒とがより親密にかかわる勉強方法であるため、家庭教師の場合には互いの相性が良いことが必須の条件であるといえます。たとえば同性の先生がいいのか、あるいは異性の先生の方がいいのか、それぞれのお子さんにより異なるでしょう。また厳しく指導するタイプだと委縮してしまうとか、少し厳しめに指導した方が集中してくれるとか、お子さんの性格によっても最適な先生のタイプは異なります。そのため授業を依頼する前に、先生と生徒、そして保護者が実際に会って、お互いに話をしてみることは非常に大切です。こういう機会を持つことで、授業を始める前にお互いの相性を確認することもできるため、授業を始めてみたら相性が悪く、学習の効率が上がらなかったという悲劇をある程度避けることができます。

家庭教師を依頼する際に、注意しておきたいこと

先生と生徒との相性が良いことが、学習の効果を上げるためには非常に重要です。ただし実際に先生に会って、少しの間話をしただけでは、本当の相性までは見極められない場合も少なくありません。そのため実際に教えてもらうようになってみると、どうも教えてもらいにくいということもあるのが現実です。たとえば知り合いなどに依頼した場合には、ほかの先生に変更してもらうというわけにはいかないため、いったん断った後で新たに探し始める必要があります。これに対して複数の先生が所属しているところに申し込んだのであれば、相談して先生を変更してもらうことも可能でしょう。家庭教師に勉強を見てもらう場合には、先生と生徒との相性が重要です。事前に相性を見極めることができなかった場合には、早い段階で変更を考えることも必要といえるでしょう。